プロフィール

kou2nico

Author:kou2nico
こーつーです。
にわかポケモントレーナー
ニコニコで放送していたりします。
co1452774

最新記事

カテゴリ

twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

こーつー村回覧板
育成ポケモンのメモなどの予定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄壁ヘラクロス
214.gif
ヘラクロス
根性。腕白H252 B252 S4@ゴツメ
鉄壁/地球投げ/燕返し/眠る

虫格闘という、草・格闘・地面・虫・悪に耐性を持ち、弱点は飛行・炎・エスパーだけ、と実は物理受けに優秀なタイプを持っているのでは!?
という発想から生まれたのが鉄壁ヘラクロス。

H80 B75と種族値は高くはなく等倍で受けてしまう範囲が広いものの、格闘岩地面氷で相性補完した気になっている格闘ポケモンあたりに強い耐性を活かし、ピンポイントで物理受けしていこう!
アクロバットには要注意だ!

ゴツメがメインのダメージソースなので眠るは必須級。
かろうじて地球投げを覚えるため回復技持ち以外ならそこそこ負担をかけられるのもポイント。
燕返しをきって毒搭載もありだと感じた。

というわけで、気になるダメージ計算の結果はというと、
鉄壁3積みでハッサムの鉢巻燕返しが40.6%~49.1%の確定3発
鉄壁3積みでローブシンの鉄拳鉢巻炎Pが21.3%~25.6%の乱数4発
鉄壁3積みでメタグロスの鉢巻思念が26.7%~33.1%の確定4発
鉄壁3積みでバシャーモの補正珠フレドラが33.1%~39%の乱数3発(ほぼ確定)


鉄壁3積みが現実的でないというのなら鉄壁1積みで考えてみよう。
たとえば、意地っ張りバシャーモと対面した場合。
相手がこちらのスカーフを警戒して初手守るをする読み(祈り)の鉄壁1積み。
2ターン目に相手の珠フレドラで64.1%~76.4%(ダメ120~143)。
反動40~47、ゴツメダメ25(H無振り想定)、珠ダメ15
こちらの燕返しで耐久無振りバシャに47.7%~56.7%(ダメ74~88)。
合計与ダメ154~175となり相手を倒せるのだ!…


強い()

【追記】
鉄壁1積 み(B2倍)で実数値H187 B278の耐久になります。
上のダメ計では極端に苦手な相手を集めたので3積 みで計算していますが、鉄壁ヘラが弱いわけではありません。
スポンサーサイト
Ptヒードラン臆病めざ氷乱数メモ
プラチナの臆病ヒードランめざ氷の乱数ですが、連打で出来るものがぐぐった感じだとなさそうだったので連打でやりたい人のためにもメモ残します。
ヒードランと書いてますが、固定シンボルなら他のポケモンでも成功するはずです。

今回狙ったのは、

性格 = おくびょう(シンクロ使用)
性格値:4f59dc61
個体値:29-24-30-31-31-31
特性:2
めざパ:氷68
初期seed:330202af
seed消費数:11~53
月×日+分+秒:51 or 307
時:2
フレーム+年-2000:687

です。
連打なので理想個体ではないですが十分だと思います。

Ptでの固定シンボル乱数は徘徊ポケがいるとずれるらしいのでエムリットや三鳥などをあらかじめ倒しておきましょう。倒してしまっても殿堂入りで復活します。

DSLiteで、
2087年7月3日2時5分10.5秒ソフト選択、連打。
2087年7月3日2時5分25秒続きから選択。
ノート3回+5匹手持ちで128歩。11消費です。
ソフト選択からの空白時間は4.5秒、連打で続きからを選ぶまで10秒で計算しています。

あらかじめヒードランの前でセーブしておき、DSの時刻設定など上のようにします。
冒険ノートは「~を捕まえた」「~を倒した」と書かれたページを3回見ます、事前に準備しておきましょう。これで6消費。
その後、ポケッチのコイントスアプリで初期シードがあっているか確認。
初期シードあってたら128歩歩いて5消費。手持ちは5匹にしておきます。シンクロ要員も忘れずに。
あとはヒードランと戦闘、捕獲するだけです。個体値やめざパを確認して成功していたらセーブ。

コイントス確認は、表(コイキング)が○、裏(モンスターボール)が×として、下の通りです。


続きを読む
スカーフまねっこダイケンキ
503.gif
ダイケンキ
げきりゅう。せっかち B4 C252 S252@こだわりスカーフ
ハイドロポンプ/吹雪/エアスラッシュ/まねっこ


ダイケンキといえば、他の水単タイプポケモンとの差別化に重要な技として、
メガホーン、アンコール、草結び、ドラゴンテール
あたりがよく挙げられますが今回は、まねっこ、に注目します!

相手の炎タイプの大文字に後だしして自分の水技を受けに来るナットレイあたりにまねっこ大文字を打てたら楽しそうだなー、というところから考えたのがこの型。
他にもいろいろ出来るはず。(まねっこ考察おわり)


努力値やその他の技はいたって普通の特殊スカーフ型。鈍足ということもあり強気な後だしからスカーフを警戒されやすいのもこちらとしては動きやすい。
一応対戦考察まとめwikiを確認したところ、いろいろと耐久調整の例が載っていたので(いつの間にか例が増えていた!)、ここでは紹介しませんが気に入ったのがあればパクってみてはどうでしょうか。
せっかちB4振りで意地っ張りガブリアスの逆鱗耐え、H4D4振りで臆病ゲンガーの10万耐え、だけ目安として。
基本的に火力が足りないので思い切ってAorCに振りたい。
S調整をして耐久に振るのもいい。



水タイプのスカーフ型は基本的に技スペがあまりがち。状況によって化けるまねっこは冗談ではなくダイケンキの大きな個性です!

スカーフ以外の持ち物を考察していませんが、多分スカーフが水ポケモンとしての役割も果たしやすくする持ち物なのではと。特にCSぶっぱなら。使っていて特に不満はありません。竜なんかも抜けるのは利点なんじゃないでしょうか。
HCにするならオボンあたりもありなのでは、くらいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。